メニュー

糖尿病について

yjimage 

 糖尿病とは血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が病的に高い状態をさす病気です。

 糖尿病には大きく分けて「インスリン依存型(1型)糖尿病」と「インスリン非依存型(2型)糖尿病」の2つのタイプがあります。

 「インスリン依存型(1型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫の異常など契機にして、インスリンを分泌する膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。いわゆる「小児糖尿病」と言われていますが、成人や高齢者でも突然発症するケースも認めます。
 「インスリン非依存型(2型)糖尿病」は、膵臓のインスリン分泌能力などの遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、肥満(メタボ)、ストレスなどの環境要因が加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。

 糖尿病は血糖管理が著しく不良の期間が長くなると、次第に深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症(心筋梗塞や脳梗塞、足壊疽など))を引き起こし、最悪の場合は死に至る危険な病気です。比較的、自覚症状が少ないため、健診や風邪などで医療機関を受診された際の採血検査にて初めて血糖値が高いと発見されるケースが多いです。

09a

 

 

 

 


 当院の治療について

 現代社会は患者さんのライフスタイルも多様化しているため、食事のとり方や調理方法、外食時の注意点や、比較的お若い方からお年寄りの方まで個々の患者さんの身体機能に応じて施行可能な運動習慣の取り組みなど個々の患者さんに応じた、無理のない継続可能な生活習慣の見直しを図ります。

 またヒトの体には個人差・年齢差が大きく、遺伝や環境の要因などによってひとりひとりの体質が違います。同じ薬でも効果のある方や効果が少ない方など様々であり、お薬が1~2剤程度で血糖コントロールが良好な方もいれば、4~5種類程度の飲み薬でも効果不十分でありインスリン注射の導入を早期に図った方がよい方もいらっしゃいます。当クリニックは様々な背景を考慮して個別の患者さんに見合うオーダーメイドの糖尿病治療を提供します。

4-1_6

 またなかなか血糖値が改善されない方、治療法などの見直しの希望などでご相談されたい方は気軽にご相談ください。

 当院では当日の採血(耳たぶからの微量の採血検査のみ)にて、迅速に糖尿病の指標である「HbA1c」と「血糖値」を把握して治療法の見直しを図ることができます。

 現在インスリンを使用している方がインスリン注射から離脱され、自己注射が不要になる場合もあります。また一方で著しい高血糖状態の際など飲み薬だけでは血糖値はなかなか下がらない場合に一時的にインスリン自己注射の導入を図り、血糖値の管理を図る場合もございます。インスリン注射は一度開始すると一生、注射しなければならないと思っている方が多いですが、実際は離脱できる方や1日2~4回などの複雑な注射回数を1日1回とシンプルなかたちに減らせる方もいらっしゃいます。

 その他、特に頻回に起こる低血糖発作など日常生活を送る上で不安を抱えられてお困りの方などもお気軽にご相談をいただければと思います。

 糖尿病治療は私が医師免許を取得した2008年を境にそれ以降、さまざまな新薬や新しいタイプの血糖測定器の開発が進み、まさにパラダイムシフト(劇的な変化)が起こった医療分野です。治療の提案として当院では様々なタイプのお薬(飲み薬やインスリンではない注射薬、さらにインスリン注射など)や血糖測定器などのご紹介もさせていただきます。

 糖尿病専門医として、それぞれの患者さんが「このクリニックに来てよかった」、と思っていただける空間を提供できましたらと思っております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME